読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynrabbit's blog

写真、雑貨、その他なんでも(・∀・)イイネ!!と思うのを掲載していくよ。



ピックアップ記事

Canon EOS8000Dに付属してたDigital Photo Professional 4なんだが・・・

カメラ

f:id:lynrabbit:20150813210157j:plain

Canon EOS 8000D

価格.comで狙い目!って時期に買え、そこそこの頻度で使用しております。

写真撮影は基本的にRAW画像+JPEGで合わせております。

 

DPP(Digital Photo Professional) Ver.4

EOS 8000Dに付属するEOS DIGITAL Solution Disk。

バージョンがver.30.1

ちなみに、EOS M2の時はver.28.3

画像編集ソフトのDPPがM2の頃よりいつのまにかメジャーアップデートされておりました。

 

こちらがDPP3

f:id:lynrabbit:20150906183203j:plain

今まで、EOS5DやEOSM2での撮影画像(RAW)をこちらで編集しておりました。

そして、EOS8000Dを購入した際にDPP4になってたので、それなら最新版のほうがよろしいであろう、ということでインストール。

 

そしてDPP4

f:id:lynrabbit:20150906190206j:plain

操作パネルがひとつにまとまり、ツールパレットやトリミング、コピースタンプツールがひとつのツールに収まって使いやすくなりました。

そして、RAWとJPGが重ねて表示できるようになり、同じ画像が2つ並んでめんどくっさーということにもならなくなりました。

 

だが、まさかの

f:id:lynrabbit:20150906190310j:plain

なんじゃこりゃあああ(゚Д゚)!!

EOSM2で撮ったRAW画像を編集しましょうかね。と思いDPP4で開く。

開いた先はサムネイルがそのまま表示されただけ(・ω・)

 

f:id:lynrabbit:20150906190422j:plain

逆に、EOS8000Dで撮ったRAW画像をDPP3で編集しようとすると、サムネイルすら表示されない状態になりました。

そういえば、結婚式の前撮りで写真のデータをRAWで欲しいと頼んで頂いたところ、DPP3で表示されなくて(ノ∀`)アチャーという状況になったことを思い出しました。

たしかその時使われたカメラはEOS5DMarkIIIだった気がする!

 

対応機種が限られてるようで、2014年の発表当時はその頃の最新のフルサイズ機だけ(EOS-1D C、EOS-1D X、EOS 5D Mark III、EOS 6D )だったようです。

そして今回はEOS8000D、EOSkiss x8iもそうなのかな。

比較的新しい機種でもEOS70DやEOS M2などのAPS-Cセンサー機でも非対応。

 

しばらくはDPP3とDPP4の2つの画像編集ソフトを駆使しなければならない、ということらしいですねぇ。

こちらはまだまだ初代の5Dが現役で、嫁氏のEOS8000Dをぶんどって使うとかはちょっとアレなんで、5Dの最新機を狙って購入したいもんなんですが、さすがに思いつきでは到底買えない値段です。

 

今後のマイナーアップデートで、昔の機種にも対応して頂きたいものなんですが、なかなか実現はしないかなぁ やっぱり。